注文住宅を建てるための土地探しのポイント

注文住宅を建てたいと思ったら、

まずは土地探しですね。


エリアや立地をまずは検討すると思いますが、

それを決めたら次にどのような土地を購入するかです。


これは、住宅建築に詳しい方でないと

なかなか、難しいと思います。


エリアや立地を気に入ったとしても、

土地の形状や土地の諸条件によって、

理想とする家を建てることができなかったり、

費用が多くかかったりと様々な課題があるからです。


それでは、どのように土地探しをすればいいのかを、

エリアや立地を決めるところからポイント挙げて

ご説明していきたいと思います。



土地探しのポイント

暮らしの優先事項を決める


まずは暮らしの優先事項を決めましょう!

注文住宅を建てるということは、

こだわりが強くあるということだと思います。

その上で、何を実現したいのかが

明確に決まっていないと、最終的にブレブレになって

時間だけを消費するなんてことになりかねないです。


例えば、


「家にいる時間」

「仕事・通勤・通学」

「家族の生活バランス」

「趣味・遊び」

「車生活・電車/バス生活」


など、家を決める上で重要な指標があるかと思いますが、

何に一番重きを置くかの優先事項を決めましょう。


エリアと駅からの距離を決める


住みたいエリアと駅から徒歩何分かの許容範囲を決めましょう。

これは行きつくところ、予算内に納まるかの判断をするためです。

土地の相場はWEB上で検索すればいくらでも

個人で探せますのでご自身でも調べてみましょう。


家づくりに詳しい不動産屋を探す


少し宣伝させていただきますが、土地探しは

家づくりに詳しい不動産屋に相談するのがおススメです。


なぜなら、住宅をつくるには様々な法律上の制限があるからです。

家づくりに詳しくない不動産屋では、後々、建物の計画を立てる時に

想定と違ったなどの相違が生まれる可能性があります。


余計なお金が掛かってしまう土地


次にポイントとなるのが、建物をつくる上で

余計に費用の掛かる可能性がある土地です。


せっかく土地代が安かったとしても

建物代金も併せた総額が高くなるようでは

意味がないですよね。


高低差のある土地


高低差のある土地に建物を造ろうとすると

擁壁をつくったり、地盤改良をしたりと

数百万円の費用が追加で掛かる可能性があります。


あくまでも可能性のお話しですが、

大きな出費となるかもしれませんので、

高低差のある土地は事前に調査しましょう。



給排水の引き込み


前面道路から敷地への給排水管の引き込みが古かったり、

引き直さなければいけない場合、費用が掛かります。


状況によっては100万円近くの費用が掛かるので、

こちらも事前に確認するようにしましょう。



地盤改良


これは、実際に建物の配置が決まってからでないと

調査はしないものになるので一概に言えませんが、

軟弱地盤であった場合、地盤改良工事の費用が掛かります。


許可をもらえれば事前に調査できなくないですが、

10万円以内ぐらいの費用が掛かります。



古屋付きの土地


古屋の解体費用が掛かるので、

事前に解体費用の見積もりをとるようにしましょう。



土地までの道路幅員が狭い場合


レッカー車やミキサー車などが通れない場合、

運搬費用が余計に掛かる場合がありますので、

これも事前に確認しましょう。



準防火地域・防火地域で建てる家


準耐火建築物や耐火建築物にする必要があるということです。

建物の仕様に関わるので、その分、費用が多く掛かりますが、

駅近立地になるほど、建物が密集してくるので、

準防火・防火地域になってきます。

これは、エリアを優先される方にとっては致し方のないことです。



境界杭のない土地


稀に境界杭がない土地があります。

基本、土地の売買契約時に境界杭を入れることになりますが、

誰が費用を負担して境界杭を入れるか事前に決めておきましょう。



ガスの種類


購入する土地のエリアが都市ガスかプロパンガスによって、

実際に住んでからの光熱費に違いがでます。


プロパンガスは都市ガスに比べて高いですが、

こちらもエリアを優先される場合は致し方のないことです。



ということで、

以上が、土地探しのポイントとなります。


誰もが極力無駄な費用は避けたいと思いますし、

数百万単位で追加費用が無ければ、

その分、建物の仕様に費用を割り当てることができます。


また、もっと大前提として建てたい理想の家が

建てられないなどの事態に陥ったら後悔してもしきれません。


ですので、土地探しはご自身で勉強することも大事ですし、

家づくりに詳しい不動産屋に相談すれば、

安心した土地探しができると思います。


少しでも参考にして頂けると幸いです。