戸建て建売住宅には2種類の販売形態があるのをご存知ですか?

戸建て建売住宅には大きく分けて

2種類の販売形態があります。


それではどのような建売住宅があるのか、

建売住宅の形態とそれぞれの長所・短所を見ていきましょう。



建売戸建住宅

・長所


その名の通り、完成物件を購入するかしないかの建売住宅です。

イメージを明確にして購入できます。


また、建売販売業者が土地をまとめて購入して、

そこに何戸かの建売住宅を建てるので、

価格が比較的安いのが特徴でもあります。


そして、土地と建物を一括で支払うので、

住宅ローンを組む場合、つなぎ融資等の

無駄な金利がかからないのもメリットの1つです。


・短所


完成物件を購入するので間取りの自由度がありません。

同じく、建物性能・機能も変えれません。


(※弊社の新築リモデルでは、変えることができます。)



売建戸建住宅

売建戸建住宅とは、土地が更地の状態だけど、

予め建てる予定の住宅が決まっていて

売買契約を締結してから住宅を建て始める形式のことを言います。


・長所


建売戸建住宅とほぼほぼ同じ内容です。

建売販売業者が土地をまとめて購入して、

そこに何戸かの建売住宅を建てることが多いので価格が比較的安いです。

土地と建物を一括で支払うので、

住宅ローンを組む場合、つなぎ融資等の

無駄な金利がかからない。


これが一番の特徴だと思いますが、

契約締結してから住宅を建て始めるため、

建売戸建住宅よりも内装仕上げの自由がききます。

例えば、クロスの品番を好みのものに変えるとか、

目に見える部分の仕様を変更できます。


(※間取りの変更は販売業者により受けてくれる場合もあります。)


・短所


契約締結後、住宅が建つまでの間に代金の支払いがあるので、

住宅ローンを組む場合、余計な金利がかかります。



まとめ

いかがでしたでしょうか。

どちらを選べるかはタイミングが全てとなります。


参考にして頂けますと幸いです。