不動産(ご自宅)売却の仕組みとは?

本日は不動産売却の仕組みをご説明したいと思います。


ご自宅を売却をしようと思った時、

誰もがより高く簡潔に手間なく売却したいと思うはずですが、

簡単なことではないです。


家を購入する側にどのような人達がいるのかを

知ることから始めて紐解いていきましょう。


まず、家を売却する場合、個人に売却するか、

法人に売却するかを選択することができます。


それでは、それぞれのメリット・デメリットを

見ていきましょう!



個人に売却する場合

個人に売却する場合のメリット・デメリットです。

これは買う側からの視点から考えてみれば

自ずとわかるはずです。


・メリット

 適正価格で売却できる可能性が高い

 ⇒ 個人は市場価格で購入するからです。


・デメリット

 売却までに時間がかかる

 ⇒ 個人に売却するということは、

   買う側の視点で見ると

   内見を重ねて住宅ローンの審査をしたりと時間がかかります。


 内見に手間がかかる

 ⇒ 何度も個人のお客様に内見してもらうので、

   その労力が掛かります。


・手元に残る売却益

 売却価格 - 仲介手数料

 = 売却益(不動産仲介を通さない場合、仲介手数料不要です。)

 

 不動産仲介会社に売却を依頼するケースが一般的かと思いますが、

 仲介業者も高く売れた方が手数料が多く入るので、

 少しでも高く売却できるよう作戦を練ってくれます!



法人に売却する場合

法人に売却する場合のメリット・デメリットです。


・メリット

 早期売却ができる

 ⇒ 商売として物件を仕入れる法人なので、

   早期売却が可能です。


 内見の手間が軽減

 ⇒ 同じく、法人相手なので何社かに絞って

   相見積もりするので、1度にまとめて内見してもらうことができます。


・デメリット

 売却価格が安くなる可能性が高い

 ⇒ 法人は買取後に再販することがほとんどなので、

   市場価格より安く仕入れようとします。

   一般的に相場の5~8割ぐらいになると言われています。


 ※個人への売却が法人への売却より

  高い保証はございませんので、ご了承ください。


・手元に残る売却益

 売却価格 - 仲介手数料

 = 売却益(不動産仲介を通さない場合、仲介手数料不要です。)


売却価格よりも短期間で早く売却したい方に向いています。



まとめ

不動産の売却は動くお金が大きいだけに、

かなり慎重になることだと思いますが、

仕組み自体はいたってシンプルです。


売却前にお住まいのエリアの販売価格を調べたり、

いつまでに売りたいのかを決めたり、

不動産屋に全てを任せっきりにするのではなく、

ご自身でも必要な知識を最低限持ち合わせた上で、

売却を進めていきましょう。


それでは、本日は以上となります。