【予算で迷ってる方必見!】注文住宅 vs 建売住宅の価格差は?

注文住宅と建売住宅の購入価格は

圧倒的に注文住宅が高くなりますが、

メンテナンスコストも含めて、将来的なトータルコストとしては

どうなるのと思いますか!?


いくつかの比較項目をもとに紐解いてみたいと思います。


ちなみに、総額コストは一般的な住宅ローンの支払いが

終わる35年間を目安としています。


 -まずは初期費用(家の購入費用)- 


最初に圧倒的な差が出るのが初期費用です。

住むエリアによって、土地の価格があきらかに違うので

首都圏というくくりで考えてみます。


仮で、横浜で木造2階建て、延床30坪、

3LDKぐらいの注文住宅を建てようとする場合、

土地の費用が3500万円、建物が2500万円、

総額6000万円ぐらいが初期費用の目安となってきます。


では、同じエリアで建売住宅を購入する場合と

比較してみるとどうでしょうか?

建売住宅の場合、概ね4500万円ぐらいが相場です。


ですので、初期費用だけでみると、

建売住宅は1,500万円ぐらい安くなります。


また、頭金なしで35年間の住宅ローンを組むとして、

金利0.5%ぐらいで試算してみると140万円ぐらいの利息差となるので、

合計すると1640万円の初期費用の差となります。



 -次にメンテナンス費用- 


メンテナンスの主要項目を見てみましょう。


定期的なメンテナンスが必要なのは主に建物外部の


「外壁」

「屋根」

「バルコニーの防水」

「シロアリ対策」


となります。


そして、一般的に注文住宅と建売住宅の外部仕様の差は大きくあり、

メンテナンスコストが極力かからない仕様にしているのが、注文住宅です。


建売住宅は価格が安い分、

建物仕様が一般的なものになります。



「メンテナンス費用」


結論を先に述べますと、35年間で見たときに、

注文住宅は約500万円ほどメンテナンス費用が安くなります。


建売住宅の場合、10~15年に1度は外壁・屋根の塗装とシーリング打ち替えが必要となり、

30年経過した段階で、外壁の貼り替えや屋根の葺き替えをするのが望ましいです。


注文住宅の場合は、20~30年に1度は外壁・屋根の塗装とシーリング打ち替えが必要となり、

50~60年経過した段階で、外壁の貼り替えや屋根の葺き替えをするのが望ましいです。



 -価格差のまとめ- 


35年間の総額費用で建売住宅は1,140万円ほど

安く住み続けることができることになります。


これは、現在の住宅ローンの低金利をもとにしていたり

前提条件が大きく関わってきますが、

概ねこのようなイメージとなると思います。


今回は35年間で総額コストを比較してきましたが、

60年近く済むことも多分に想定できますので、

その場合は、総額コストとしては

ほとんど変わらなくなってくる可能性もありますが、

60年も先のことはなかなか想像しがたいので35年が現実的でしょう。


皆さんにはこの価格差、

どのように感じ取られたでしょうか?


これ以上踏み込んだ話は個人の価値観によって

価格差が少ないと感じるか、大きく感じるか

異なるのと思いますが、簡単には買い替えができない

不動産なのでよく考えて購入できるといいですね。


それでは、本日は以上になります。

少しでも参考にして頂けると幸いです。